2016年08月29日

フラッシュバック

このブログでは基本的に自分が本当に考えたことを

記録している。どんなに内容がひどかろうと吐き出すこと

によってストレス解消しているから

1度書いた物を読み返すことはほぼない。

そうしないと本音のリアルの記録にならないからね。

リオのオリンピックはほとんど目に入るニュース位しか見てない。

なぜか?

北京の頃を思い出すからなんだ。朝に近所の寺の鐘の音でフラッシュバック

するんだ。

「子供に行くところはあっても俺に行く所はないんだ」

青いテントも想像したな。第1章に書いたと思う。

この青いテントがね、雨が降った時なんかは

テントの中で家族が泣き叫ぶんだ。

自分の情けなさで夢から目が覚めたりね。

家がない状態はきついだろ?

雨風をしのげないとね、ホームレスを見ると

こうなるかも知れないと思ったりね。

妻が言った。

「オリンピックの時はいっつも苦労だね?」と

なにげなく言ったと思うが

俺には強烈に応えたよ。

もう1つは今回の第3章が書けるのも首の皮1枚、いや首の神経1本位の

運に助けてもらっているからだと思う。

「運も実力のうち」とは思わない。

だから恐いんだ。だから運のあるうちに運の芽が出ることをしないと

金がなくなると終わるんだ。

フラッシュバックってドラマの中だけと思っていたよ。

でもあるんだな。

死ぬまで取れないのかな?

ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/




ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 13:33| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行会社


隣の旅行会社の片付けが終わり、テナントがガラ空きになった。

俺も絶好調の時にテナントを増やし、そしてたたんだ。

そこに違うテナントが入ると寂しいね。

ビル管理のおじさんがカフェの前にいたので聞いた。

「2年前から売上が落ちていたらしい」

と元社員から聞いた。エレベーターの中で社員が宅急便の人に

ボーナスが出ないと文句を言っていたのを思い出した。

でも、社長はそんな素振りを一切見せてなかったな。

土曜も日曜もなくがんばっていたよ。

きつかっただろうな?と思い返した。

最後に1度も話しができなかった。

多分、本業の売上ダウンをカフェで取り戻そうとしたのかな?

海外旅行もテロとかあったら急激に落ちるのかもな?

と思った。俺もきつい、ここ2、3年きついなと思う。

理由がわかった。

利益を融資の返済に充てているからだ。

融資が出た時はうれしいのだが、返済がきつい。

2つ金融機関の返済が重なるとこんなにきついのかと思う。

わかっているようで、わかっていない。

それが経営だと思う。


キミアキ先生はすごい。今さら教えてくれる。

読者に言いたいけどね、今の時代に倒産するとね。

一瞬で2チャンやSNSで拡散されるよ。

これがイヤだよ、知り合いの同業者も今これでやられている。

自分だけなら罪として仕方がないが、働いている人もやられるからね。

想像はしてたが、「酒のさかな」になるよ。

見ると嫌だよね。


ラベル:経営 起業
posted by 再起への道 at 12:41| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

メンタル


メンタルの力を長期間キープすることは難しい。

それだけ「生きる」ということは大変なことだ。

自分自身の弱さに呆れることもある。

昨日も妻に怒られた。

「どこも就職活動しても無理だったんだから戻ったんでしょ?」

「じゃ最後までやれ」

そう言われてもなーと当たっているだけに恐いな。

日本では35越えたら「派遣切り」らしい。

専門知識を持つか、起業して勝ち続けるか、どちらも難しい。

精神力がいるよね?

負けられない。キミアキ先生はすごい。

勉強になる。本当に何度も落ちるからね。




ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/




ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 10:53| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

いい話

posted by 再起への道 at 09:57| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

オリンピックの思い出

リオオリンピックが終わった。

オリンピックにはあまりいい思い出がないため、

楽しめない。

何をいつまでグチグチ言ってんだと思うが、第1章で

書いた北京オリンピックの夏は思い出してもきつかった。

独立して最初に地獄に落ちたのが北京の時だったから

それが今だにある。

暑い中、朝から晩まで歩き廻っていたな。

ショックが大きかったなと思う。

あの時はこれから何がどのようになるのか全くわからなかったからね。

初心者だったから

だから楽しめないのかな。

後遺症みたいなものかな。

現実は甘くないね。

そう思う。

『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』
http://directlink.jp/tracking/af/1448468/po6jHAGN/

ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/




ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 12:33| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

人生の選択

第3章で伝えたかったことは何なのか?

それは自分が起業する前に欲しかった情報かも知れない。


あるようでない。

もがく、悩む、答えが出るようで出ない。

そのガイドラインを創りたかったと思う。

「あるようでない」「わかったようでわかっていない」

そんな期間が必ずある。

そこに答えを出す勝手な使命感のようなものだろう。

第2章の途中で1度サイトを閉じようとした。

でも再開した。

時代は常に変化している。

ライバルも常に出てくる。

ずっとトーナメントをやっているようだ。

ただ、すべてが悲惨ではない。

喜びだってある。

第3章まで書けたのもこれも運だろう。

これによってもがき苦しむ人のヒントになればいいと思う。

誰も落ちた時は助けてくれない。

家族さえもいなくなる場合だってある。

「稼げない男は男ではない」そう言った時期もあったが

金を持っていない人間が負けるのが経営なんだ。

それは言える。

持ってないと投資できない。

投資しない限り成長はない。

そこで何ができるかなんだ。


ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/





ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 18:53| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

目的

ある倒産経営者のメルマガで

「倒産の原因は何でしたか?」と

それに対する答えが

「気持ちが負けた」とあった。

これを読んだ時に一瞬時間が止まったように感じた。

今年、廃業届けを書いた時に

自分がゼロから創り上げた事業がこの世から消されると

感じた時に

自分の事業に「愛着」と別れの寂しさがあったことは確かだ。

転職活動も全敗に終わり、戻って来て1ケ月だ。

家族を犠牲にして来たつらさもあった。

「気持ちで負ける」よりも逃げたかった。

平穏無事などないのはわかるが

穏やかな気持ちになりたかった。


親父がカイショないのはきつい。

その男親としてのカイショを証明しない限り

家族への申し訳なさとの戦いだと思う。


ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/





ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 14:06| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

人生の選択肢

第3章で気がついて欲しかったことは

皆が起業から輝くまでしか見ていない人間に「その後は?」

を考えて欲しいというのがテーマだ。

起業に準備なんてない、最初は「勢い」だと思う。


次に20代ではまだまだ知識的にリスクが大きい、信用もない。

30代がベストじゃないかな。

そこから20年持つのが1パーセントもないことを忘れないことです。

40代からは転職も不利だろう。

子供が中高校生になると金がかかる。

そこを乗り切れるかどうかだろう。

知恵や知識で負けないことだよ。

組織だとか理念だとかそなものは後でいい。

まずは金をかけずに集客の技術がライバルより高いかどうかだ。

止まったら固定費に殺されるよ。

まずはその技術が卓越しているかどうかだよ。

迷うからね。

自分の出せる金額と広告方法の関係だよ。

そこに自分の「冷静な判断力」だろ。

そこだけ考えた方がいいよ。

人生を賭けたギャンブルだよ、失敗して欲しくない。

やるなら死ぬ覚悟が必要です。

ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/





ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 11:32| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

事業の終了

隣の旅行会社の片付けを奥さんがたった1人でやっている。

「手を貸しましょうか?、暇ですから」とまた言った。

クーラーもつけずにだ。27坪くらいあるし、1階のカフェもある。

不思議と片付けを手伝う社員が1人位しか来ない。

これは気持ちとしてはわかる。俺だって来て欲しくないよ。

傘がたくさん残っていたからもらった。

社長はその後1回も見ていない。

すべて奥さんが1人でやっているので廊下で会わないようにトイレに行く

にも気を使う。でも、同じ戦友だと思う気持ちもある。

奥さんが廊下で「500円の電話代を払うのもきつい」

と言う一言がトイレにいる時に聞こえたことがある。

気持ちがわかるだけにトイレから出にくかった。

この旅行会社は第2章の俺が融資を断られた信用金庫がメインバンク

だった。その担当者が出入りしている時に廊下ですれ違うのがきつかった。

その担当者も融資がうまくいけば俺の担当になるはずだった。

融資に落ちてからはお互いに無視だ。

融資に落ちた俺がビルの中にいてメインバンクだった旅行会社がない。

皮肉なものだ。ドラマのようだ。

いかに不透明な航海なのかがわかる。


客が経営を支えているんだ。

成長させるのも客、潰すのも客だと井崎先生が言っていた。

来月、母に会いに行く。

もの忘れがひどい。

でも「自分のやれることをやっておく」

別れが来た時に悲しまないように。

ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 10:14| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

運に頼るな


今回こうやって第3章が書けるのも首の皮1枚の運が

あったから伝えられる。

廃業届けも書いて7月に緊急転回で継続がなければ

2章で終わったはずだ。

起業終了後はどうなる?の情報は少ない。

なぜなら公開したくないからだろう。

逆に悲惨だから誰も言わないのだろうと思う。

よく電車の中で「あなたも起業を!」なんてセミナーが

あるが、税理士や中小企業診断士にわかるわけがないだろ?

うまくいくなら「お前がやってるだろ?」の世界だろ。

本当の情報はあるようでない。

だから苦しむ。死にかけた人間しかわからんよ。

苦しみ、悩んで全身ジンマシンにならないとわからんよ。

起業や経営は「運」の要素はあると思う。

俺は先祖や墓参りは極めて人より大切にしている。

今回も首の皮1枚と言うより首の神経1枚が現実だと思う。

もし、今回もこの運がなければ北京オリンピックと同じ(ブログの第1章)

と同じになっているということがわかっているからだ。

こんな恐ろしいことはない。

もう1つは母だ。

もうメールの打ち方も忘れてしまったのだろうか?

先祖と母、この2つの集中力、それに家族

自分のためではない。

運は大切だけど、それに依存したり

うぬぼれてはダメだ。

もううぬぼれることは絶対にないよ。

今治療中の前腕のジンマシンに誓ってね。

自分の市場価値もわかった。

生きるって大変だ。

もう人生の最終章まで来たと思う。

一族のためにやるしかねーな。

ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/





ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 09:12| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

商売の擬似体験


昨日は夢を見た。

まずは借金を返そう、それだけを考えようと。

融資が出ると喜んでしまうのだが、いざ返済を5年でやるときつい。

400万融資が出て月の返済が8万としよう。家族に35万、テナント代金

が20万、その他経費が6万としよう。

これで400円の弁当や350円のどんぶりいくつ売らないといけないか?

これは人件費を含んでいないモデルだ。

これに広告費用や販売促進を入れたら、いかにすぐ経費倒れになるかわかる。

人件費がいかに大きいかわかる。

だから非正規労働でしのぐ。

未来の少ない給与の高い老人を取るわけがない。

起業の途中下車の情報は少ない。

かなりきついと思うよ。

ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/





ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 09:32| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

経営者の経歴

今回、転職勝つ同で少しでも自分を高く売るために

経営者としての経歴を高くする武器にしようとした。

武器にならなかった。

起業するなら年収2千万から3千万なければリスクばかりで

割りに合わないというのもわかった。

長くやれる人間が少ないからかもと言える。

そうすると俺の場合はかなり中途半端な起業だったと言える。

もう戻れないから言っても仕方がないが

年を取って自分より年下に審査されるのはきつい。

まだプライドがあるのかも

そしてこれがダメだ。

長年染み付いたトップとしての口のききかたや態度だ。

普通はゼロからお願いしますだろ?

これができない。

先週は面接で落ちた。

また、切り込むスピードや経営の疑問点とかが

的確過ぎるから逆に威圧感や使いにくさを与えるのだと思う。

妻に怒られた。わかりそうなものだがこれができない。

長年染み付いたものが自分を不利にした。

それは言える。

ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/





ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 10:34| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

事業の焦り




今日、朝来る時にビルの管理人が旅行会社はカフェをやったことによって

破産の引き金を引いたようなことを聞いた。

バス旅行の事故で読者も薄利多売であることは知っていると思う。

私が学生時代にバイトしていた旅行会社も今はない。

誰もが金が欲しいという理由からネットビジネスに手を出す傾向があると

思うが、事業の急な多角化はうまく行かない。

逃げからの多角化はまずうまく行かないと思う。

それともカフェに運を託したのだろうか、まだわからないが

旅行会社がカフェを始めて社長が倒れたのか。

倒れたからカフェを閉めたのか順番はわからないが

ある日突然一瞬でなくなることだけは事実だ。

時代をよく見ないといけない。

時代に合わせて変えないといけない。

本当に恐ろしい。

お客を取れればいい。

でも。それこそが難しい。

ひさびさ勉強できる映像
http://directlink.jp/tracking/af/1404498/waUEfzoY/

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/





ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 10:09| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

中小企業の宿命


先日、となりの旅行会社が大変な状況だと書いた。

どうしても理由が知りたかったので色々と手を廻した。

社長とは毎朝挨拶を交わす仲だったし、カフェのオープンの時には

パーティにも招待されたからね。

病気だった。糖尿病だったそうだ。

今までにも何回か倒れたことがあるとは知らなかった。

いつも明るいやり手だと思ってたから

土曜も日曜もなく働いていたよ。

そこで後を引き継ぐ人間がいなかったそうだ。

中小企業の宿命だよ。

いざという時の人材がいないんだ。

なぜならトップが一番忙しく雑用係までやっていて

いざという時の自分の分身がいないんだ。

旅行会社だからこれから客が怒鳴り込んでこないか

心配している。奥さんだけでは無理だろうと思う。

これが中小のいざという時のモロさなんだ。


就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/






ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 13:28| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

起業


ジンマシンが引かなくて困っている。

皮膚の弱いところに出る。来月、母に会いにいく。

「お前、仕事第上部か?」と閉める前に聞かれ

「あー大丈夫だ。すぐに良くなる」と嘘を言うのがつらかった。

起業なんて勢いでやるもので準備をかけてもすぐうまく行くもの

でもない。最初に研究するのは集客だ。

客が経営を支えているのだから

今は一時的非難先を確保しているだけだ。

来月からどうするのか?だろう。


就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/








ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 15:38| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

転職活動で学んだこと

ネットの転職活動やハローワークに行く時は気持ちが重い。

自分の経営者として15年以上やった(実は火の車状態)として

その経験を高く売る作戦で行った。

仕事がなくなりそうになって、あるいはなくなってから転職活動は

しない方がいい。特に中高年はね、まず返事が来るまでの期間が長い。

前にも書いたが暇だから「今日も公園、明日も公園、あさっても公園」

は気が狂うほどきつい。

肉体労働できる体力もなく、とにかく安い。子供3人が喰えるわけがない。

したがって、最初は高い給料を狙った。

全敗だ。大体、「60歳まで何年いれるんだこいつは?」

若い奴取って育てた方がいいよとなる。

タクシーとかバスの運転手はスカウトがメールで来たりした。

多分、人間なら誰でもいいのだろう。

中高年で独身なら安い仕事でもいいだろうと思う。

家族持ちは暮らしながら借金増やしていくことになる。

子供も進学もできない。そうすると貧困の連鎖にもなる。

今、書きながら思うが

「俺は逃げたかったが、逃げ場所を与えてもらえなかった」

そんな気もする。

年齢だけで連絡もない所もあったな。

日本では年齢は大事だ。

もう1つは資格だろう。

保育士の募集が沢山出ている。

介護の仕事もね、時流に乗るのも生きていく上で大切かも

知れない。

人生を最後まで誰にも迷惑かけずに生きる。生き抜く。

これは恐ろしくハードルの高いことだ。

ただ、たまに不思議な感覚も出る。

それは「事業のおかげで残り少ない人生まで生きてこれた」

この感謝の念が出てきたのは意外だった。

1年先のことで必死を16回目か、よくもったと思う。

先祖に助けられた。それしかない。

来月、墓参りに行くよ。

これは絶対にかかせないよ。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/








ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 09:57| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

第3章で言いたいこと

実は7月にテナントを片付けビルを出る予定だった。

3ケ月前に解約届けも書いた。

16年もやっているとビルで1番古いテナントになっていた。

昨年1階の美容室が閉店した。


この3ケ月の間に(それもギリギリの最終月の第3週)に

入金があり、嫁の保険解約も切れかけて急転継続になった。

この3ケ月の間に転職成功させようとしたが全敗だった。

実は行く所がないから継続ということもある。

今まで運も必要だと言ったが本当にそう思う。

そしてテナントの隣の旅行会社が急に閉めた。

2ケ月前に1階でカフェを始めたばかりだった。

開店パーティにも呼ばれた。

その2ケ月後に「閉めます」と挨拶に行く予定で

イヤだなと思っていた。逆に俺が生存し、旅行会社とカフェ

が閉まった。あの慌て用からすれば大きな売掛金が入金され

なかったのかも知れない。廊下であえて会わないように

気をつかった。社長とはまだ会っていない。

奥さんが必死でつかれきった顔でゴミや書類等を片付けている。

しかし、昨日廊下で奥さんとばったり合った。

「出られるんですか?」と聞いた。

「えー色々なことが起こりまして、落ち着いたら話しますと」

「片付け、手伝いましょうか?」と聞いた。

「いや、いいですよ」と

カフェなんかオープンして2ケ月で閉店だ。

メニュー改善したばっかりだ。

店長とバイトも4人いたと思う。

改装してどれだけ金かかったのだろう?

2ケ月だよ、たった2ケ月だよ。

大学生位の娘さんもいたと思う。

ここ2〜3年閉店やテナントの夜逃げ等も多いと思う。

創ったら潰れる方向へ常に強いパワーがかかる。

企業は原則倒産と教えられたがその通りだと思う。

ただし、俺も「運」だけだから常に恐いよ。

そして老人なんだ。


就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/








ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 14:07| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

年齢

ただ、1つ分かったことがある。

俺は人より金を稼ぎ、人よりいい暮らしをし、人より成功し、人より家族や

仲間にいい思いをさせてやりたいという思いでやった。

でも、よく考えると30代で起業して20年持っても50だ。

そこから20年、30年どうやって生きるんだ?

そこまで持つのも0.3パーセントだろ?

例えば、そこで1000万の負債を抱えたとしたらどうだ?

借金を返すだけの人生でご老体にムチを打って人生が苦痛だけで終わるだけだ。


ひと月の生活費を出せる仕事にありつける可能性も低いのにどうだ?

起業で死ぬまで安泰という金額を稼げれば別だが


その可能性は限りなく低いぞ。

どうして「起業」なんてことに人が飛びつくのだろう?と思う。

ジンマシンや湿疹をかき破り、血だらけになり、やっている間は一瞬さえ

気が抜けないのにだ。

運も必要だし、常に勉強も必要だ。

こんな恐ろしい長期間のギャンブル他にないぜ?


人間が最後まで家族を守り抜き、生き抜くということは

恐ろしくハードルが高いと言うことがわかる。

おそらく大半が多額の負債を抱えて撃沈だ。自己破産も多いはずだ。

賃貸も借りれないぜ? カードも持てない。 ローンも組めない。

すべて現金だ。恐ろしいゲームだよ。

でも、読者の給料を払っている会社もいつ潰れるかわからない。

年取ってから放り出されたらえらいことになるよ。

それは同じだ。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/




ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 14:43| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

教訓の報告

おそらく読んでいる人は

「何回も同じこと書いているなー」なんて思うかも知れない。

でも、それだけ必死なんだ。

どんな人でもこのクソ暑い中、野原で浮浪者のようになりたくないだろ?

1つ気がついたことがある。

それは石原明先生が言った「経営のハードルは毎年上がる」という言葉
なんだ。

これは

@子供が大きくなっていくにつれてかかる金が大きくなる。
A家族のことを考えて、自分の気持ちが守りに入り、失敗を恐れる。
B年齢と共に体力、精神力が落ちて行くので小さな失敗のダメージが大きい。
C常に恐怖に追いかけられているのでいいアイデアも出ない。
D毎年、新しいライバル業者が登場する。
E集客の広告費が出せない。金融機関が融資しなくなる。
F集客できないとエネルギーである入金もない。
G悪循環が長期化する。


蕁麻疹や湿疹は皮膚のやわらかいところに出る。

1つ1つが「こぶ」のように膨れあがる。

これはピンチになると皆そうだ。


まだ俺は死んではいない。しかし、今回中高年の転職がいかに

厳しいものかよくわかった。

「老人はいらないんだ」

だから読者には最後までできるだけ平穏に人生を歩んで欲しい。

起業から20年持つのが0.3パーセントは事実だ。

これは今だからわかる。

こんなに何回も潰れそうになるのが事業なんだ。


就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/









ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 08:45| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

大切な教訓

第3章でいいたいことはキミアキ先生が言っているのと同じだ。

マインドが落ちる、失敗し、中小は金がなくなるスピードが早い、

市場に仕掛ける資金が枯渇するスピードが早い。

落ち込んだ状態から復活するには10倍以上のパワーを与えないと

逆回転しないそうだ。今回やったミスは保証協会の担当者が変われば

金を引っ張れるのでは?と思ったからだ。

結果的にメインバンクの信用までなくしたことになる。


読者の方はもう共通点がわかったと思うのだが、金というエネルギーが

なくなり、精神的エネルギーもなくなり、冷静さもなくなり、更にマインド

の心が「逃げ」に走る。金がなくなると体中にジンマシンと湿疹が大量に

出る。これをかき破り、血だらけになる。

これはみんな共通している。

熊本の震災の人でまた何か事業を始めた人もいるだろうから第3章を書き

始めた。熊本や東北の人や何も知らないで事業を始めた人がいたら

役に立てて欲しい。その使命感だけで書いている。

1つ分かったのは金がなくなると「どこでもいいから貸してくれ!」

「金利なんてどうでもいい、今いるんだよ、今すぐなんだ!」と絶対なる

と言うことだ。これが後でボディブローのように効いてくる。

冷静じゃないんだ。中小は金持ってないから、企画が失敗すると次の手が

打てない。気持ちが落ち込み、悪循環になるスピードがとてつもなく早い

んだ。これを忘れないでくれ。当たり前のことだ。

キミアキ先生はよく知ってる。見てくれ。


ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 08:57| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

無知によるミス

「ご入り用はないですか?」とメインバンクから電話が

かかっていたが、この事件の後は一切かからなくなった。

致命的ミスだと思う。

考えたらわかる。

金融機関はつながっているんだ。

冷静な判断は常に必要だ。

もう1つ実験したことがある。

マイナビでダメだった就職先にリクナビやパソナから

再度出してうまくいくかどうか実験した。

全てアウトだ。

日本では年を取ると不利になる。

これはよくわかった。

人生80年生き抜くっておそろしく大変なんだなと

実感したよ。

もう1つは中高年はなかなか決まらない。


「今日も公園、明日も公園、あさっても公園」

この暇つぶしが恐ろしく苦痛だ。

天気が良い日に朝から夕方までベンチに座ってられる?

読者も知っているだろう。

寝ていない浮浪者と同じだ。

これ以上の苦痛はない。


世間からはじき出される恐ろしさ、これはきつい。


単なる軽作業バイトならいけたのかも知れない。

でも子供に金がかかる。

でも、老人はいらないんだ。

何回も落とされる。何回もね

「老人はいらん」と言われているようだった。

皆、同じだと思う。

人生の選択って本当に重要だ。

寝ていない浮浪者、これが現実の姿だと言える。

リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/






ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 10:00| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

PART3 第3章 スタート

第1章は

起業して最初の地獄を回想と記録のノートを元に書いた。

第2章は

2回目のピンチの中でリアルタイムに書いた。

第3章

どこで終わったかも正確に記録していない。資金繰りの交渉失敗位

の時期ではないかと思う。そこから妻の老後資金を解約して命を

つないだ。同時にマイナビやリクナビやDODA等をフルに使い

本核的な転職活動を始めたが、なんと年齢で全部落とされるという

悲劇で終わった。連絡さえなかったところもある。

経営をやって15年以上もやった経験やマネージメント能力など

評価されるどころか年齢で一発アウトだった。

中高年の転職がいかに厳しいかよくわかった。

資金調達の失敗は自分のミスだった。

その前に信用金庫から引っ張ろうとした時に

保証協会にアウトの書類が残っていた。

つまり、新たな決算の後行かずに2回金融機関を

変えただけでトライしたことになる。

メインバンクに内密にやったため、電話がかかった。

「うち以外を通して申請しました?」

「この前来ましたがと言われましたが」

ルール違反である。思い出しながら書くと疲れてくる。

ぼちぼちと書こう。



リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/







ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 20:31| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする