2017年09月08日

信用保証協会

先週、初めて信用保証協会の建物を偶然見た。

融資を受けたことのある人はわかるだろう。

俺のデータもこの建物の中にあるはずだと思って見ていた。

気合の入った人はこの建物の中まで入って交渉するらしい。

俺にはそんな勇気はないよ。

2回目の融資の時は相当詰められたなー。

最後は信用金庫から担当者が断られ、

それからメインバンクの担当者が2重オファーだと断られて

迷惑をかけた。

俺の信用はここで落ちたと思う。

なぜなら、この件以降から電話で「ご入用ありませんか?」の

電話は見事になくなったよ。

金融機関はつながっているのは知っていたが、それに気が

つかない位焦っていたんだと思う。

自分を見失うと終わりなんだ。

過去のブログを読むとわかるはずだ。

ギリギリの資金で経営するリスクがわかるだろ?

金があれば落ち着くんだよ。これが全てだ。

船長が判断に失敗するとどこに行くかわからんだろ?

保証協会の名前を聞いたことがあるが、実際の建物を見た人は少ないと思う。

かなり大きいよ。

融資を超えて1人前は当たっていると思うが

精神的にきついよ。

でも、金持ってない奴が起業しても成功する可能性は低い。

打つ手も限られる、投資に失敗できないからね。

残念だが、それは事実だ。

「金持ってない奴は失敗するんだ。」

運が強くない限りね。

残念だが事実だよ。

リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/

ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 00:05| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする