2015年04月05日

本屋

本屋にはできるだけ行った方がいい。

それもできるだけ大きい本屋がいい。

理由は自分の感覚が鈍るからだと思う。

今回も読むべき本を紹介したい。

資金調達をしてそれが自分の借金という認識を

忘れてしまうことがある。

自分の甘さを忘れてしまうことがある。

ケチな社長はなぜお金を残せないのか? -
ケチな社長はなぜお金を残せないのか? -

純粋な疑問に答える形の本でわかり易い。
吉澤さんはもっともわかり易い税理士だと思う、印象がいい。

会社と家族を守って借金を返す法 -
会社と家族を守って借金を返す法 -

一番共感できた。一番の楽しみが点滴だった点には同情した。
すさまじい本だと思う。

いずれ融資まで引っ張りたいと思う人は辞書として購入した方がいいです。


自己破産したMBAだけが知っているつぶれない会社の鉄則30 -
自己破産したMBAだけが知っているつぶれない会社の鉄則30 -

MBAを持っていても倒産するという実例が納得できる。
MBAが日本で通用しないといういい例かも知れない。

著者が転職面接で「MBA取ったなれの果てがこれかよ?」と面接担当者
に言われ、屈辱を感じたと言うのが最も印象に残ったよ。
経営って商売だから学歴は関係ないよ。


リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/








タグ:起業 経営
posted by 再起への道 at 14:59| Comment(0) | 起業・独立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。