2018年01月24日

竹内さん

竹内謙礼さんが面白いメルマガを書いていた。

紹介したい。1度だけSEOのセミナーを聞きに行ったことがある。

最後の質問コーナーで質問したのは俺だけだったと思う。

俺しか意識が高い人間いなかったのか?と思ったよ。

以下転載します。役に立つメルマガですよ。

仕事と給与の種類は4つしかない

**********************************************


一番の理想の仕事というのは、


「リスクなしで、高い給与で働く」


という生活です。


安定的に高い給与が口座に振り込まれて、

しかもクビになるリスクのない生活を送ることが、

一番の幸せといえます。


「そんなことはねぇよ! そんな人生面白くねぇよ!」


そう反論する人もいるかもしれませんが、

今はそういうイレギュラーな話は隅に置いておきましょう。


現状、大卒のほとんどが、できる限り大手企業で働くことを希望して、

転職市場でも大手企業の高給条件が人気である以上、

やはり人生の勝ち組は、リスクなしで高給取りの人生を歩む人達になります。


で、その人達よりひとつ下のステージというのが、


「リスクなしで、低い給与で働く」


というライフスタイルになります。


低くてもいいから安定した給与がもらえればいいというのは、

昔から多くの労働者に人気があります。

地方公務員の希望者が多いことや、

低い給与でも大手企業にしがみつく中高年が多いことは、

そういう仕事が人気である証拠と言えます。


そして、その人達よりも、またさらに下のステージにいるのが、


「リスクありで、高い給与で働く」


という労働者たちです。


自営業者や営業成績重視の企業で働く人たちは、

このカテゴリーに含まれます。


「高給取りだからいいんじゃないの?」


そう思うかもしれませんが、

永遠に高い給与を受け取り続ける保証はどこにもありません。

そのため、日々の生活はプレッシャーだらけになりますし、

自分を酷使する労働時間は、

「リスクなしで高い給与をもらう人」よりも

圧倒的に多くなります。


もちろん、それを「仕事のやりがい」と言ってしまったら

「リスクのなしで、低い給与で働く」よりも幸せかもしれません。

しかし、精神を病んだり、身体を壊してしまい

不幸になる確率が高いのは、明らかに「リスクあり」の仕事になります。

そう考えれば、安定的に幸せな生活が送れる、

「リスクなしで、低い給与で働く」の人達のほうが

人生においては「幸せ」になる可能性が高いといえるのです。



そして、もっともステージが最下位層になるのが、


「リスクありで、低い給与で働く」


という労働者になります。


会社がつぶれたり、給与が減らされたりする環境の中で、

さらに低い給与で働かされるわけですから、

何ひとつ良いことはありません。



「そんな不幸な人はいないだろ」



そう思われるかもしれませんが、

意外にこのステージの人は身の回りに多く存在しています。


儲からない起業家や稼げない自営業者、

零細企業で働くサラリーマン、

パート、アルバイト、派遣業の人・・・。


実は、世の中の多くの人が、

この最下位層に当てはまってしまいまうのです。





いいですか?




以上のヒエラルキーを整理すると、


1・リスクなしで、高い給与で働く
2・リスクなしで、低い給与で働く
3・リスクありで、高い給与で働く
4・リスクありで、低い給与で働く


という順番になります。


で、1の「リスクなしで、高い給与で働く」というのは、

最初から優秀な大学を出ていたり、

難しい資格を取ったりした人しか、

たどりつけないステージだったりします。


国家公務員だったり、医者だったり、商社だったり、

そういう特殊な職業のカテゴリーに途中から参入していくのは、

かなり難しいと言ってもいいと思います。



だから、1以外のステージで働く人は、

2と3と4を行き来するしか生きる道はありません。

そして、なんとしても「4」に行かないように、

人生を調整していかなければいけないのです。



しかし、このヒエラルキーを理解していない人は、

リスクと給与のバランスが分からなくなってしまい、

人生の舵取りを間違ってしまうんです。


例えば、


安定している仕事なのに、高い給与を求めて転職したり、

リスクが高いのに、やりがいがあるといって

低い給与で働いてみたり、

起業したのに、ずっと低い給与で働いていたり、

大きい企業に安定を求めて転職したのに、

ノルマが激しくてリスクが高かったり。


そういうバランスの悪い仕事をしていると、

だんだんライフステージが隅のほうに追いやられてしまい、

「リスクありで、低い給与で働く」という、

逃れることのできない地獄のステージに追い込まれてしまうのです。



さてさて。



あなたは、1〜4のどのステージで仕事をしていますか?


リスクを背負って起業したからには、

絶対に「3」は目指さなくてはいけないし、

零細企業のサラリーマンで安月給の「4」なら、

「3」を目指すのと働く条件は同じだったりします。



自分が一体どんな人生を送りたいのか、

もう一度、リスクと給与のバランスからステージを考えて、

転職や起業を考えてみるといいと思います。



なんたって人生は一度しかないんですから。





**********************************************

編集後記

**********************************************


「低い給与でも、やりがいがあればいい」

と思われる人もいるかもしれませんが、

「やりがい」というのは歳を重ねていくと、

どんどん減退していくものでもあります。


体力と能力が若いころのようについていけなくなり、

さらには給与が悪いと、

思うような「やりがい」を感じられなくなり、

気が付いたころには、


「低い給与で、やりがいもない」


という状況に陥ってしまいます。



「やりがい」というのは給与あってのことであり、

その給与が、できるだけ年老いても続くような

金を稼ぐ仕組みをしっかり作らなければ、

40代、50代、60代になった時に人生が辛くなってしまいます。


金を稼ぐことがすべてではありませんが、

金を稼げることに越したことはありませんので、

そのへんもしっかり人生プランの中に織り込んでいかなければ、

歳をとったときに後悔してしまいます。



と・・・今年48歳の自分に対しても自戒を込めて。

中年男、頑張らねば!


リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/



ラベル:就職・転職
posted by 再起への道 at 09:53| Comment(0) | 就職・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。