2018年03月04日

飲食の難しさ

古い知り合いで塾で英語を教えていて

スパゲッティーの専門店を開業した人がいた。

今もあるかわからないが、おそらくもうないだろうと思う。

その人は料理が好きで、チーズもたしかスイスから直輸入をしている

と言うのが売りだったと思う。

「なんで開業したんですか?」と聞いたと思う。

その答えは「今の仕事に飽きたから」だったと言っていた。

バブルの頃だったからね。

「あなた料理うまいよ、きっと店やったらうまく行く」と言われた

経験もあるそうだ。

俺もオープンの時に行った。

「一番自信のあるやつ出してくださいよ!」って言ったと思う。

グーグルで調べて見た。

ホームページもしょぼい。

でも、まだある。

食べて見た。正直、うまくなかった。

でも、「うまかったですよ」と嘘を言った。

「まずいなんて言えるわけねーだろ?」

でも、何の感想もない位の味だった。

俺は飲食は無理だ。センスもない。

でも、みんな考えて見てよ。

みんな、こういう場合どうする。

知らない店だったらさ....


「黙ったままで金払って2度と行かないだけだろ?」

だからさ、自分のどこが悪いのかわからないままなんだよ。




これが恐いんだ。重症の病気に気づかないまんま

いずれ死んでいく患者と同じなんだ。

「知らないのは自分だけ」

忘れないでくれよ。

お客は教えないんだ。黙って帰って2度と来ないだけなんだ。

そんなバカほど「俺のこだわり」って言うんだ。

気をつけてくれ。

リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/


ラベル:起業 経営
posted by 再起への道 at 11:06| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。