2018年05月08日

プライベートの問題

コンサルタントの竹内さんがいいことを書いている。

リズムを失うとダメなんだ。

これは精神的リズムね、俺も母や兄貴の件で悩んでた時はきつかった。

バックナンバー読んだらわかるけど

一番きつかったのは

「母の2回の交通事故から心不全と倒産危機が同時に重なった時」ね。

苦しかったよ、ストレスで奥歯噛みしめて奥歯が割れて

今、歯抜けジジイだ。

自分の責任ではないけど自分にふりかかる苦労ね、特に親とか親戚とか

家族とか真友ね。みんな自分に来たらうまくこなせよ。

自分のメンタルがやられるよ。

<ここから>

「仕事」は「お金」を稼ぐ場ということもあり、

全身全霊をかけて売上を取りに行かなければ、

成果を出すことが非常に難しいんですね。


つまり、「売上」を作る上で最も大切なことは、

「戦略」でも「商品力」でもなく、実は、精神面において、



「いかに悩み事を抱えていないか?」



という精神面の負担を軽くする環境づくりが、

とても大切だったりします。



しかも、その環境作りには、仕事の「悩み事」の解決よりも

プライベートの「悩み事」の解決のほうが難しかったりします。



前者の「仕事の悩み事」というのは、

お金で解決できたり、時間が解決してくれたり、

頑張れば解決のゴールが見えてくるものが多いんですが、

「プライベートの悩み事」というのは、

お金や時間では解決できないことがほとんどで、

仕事以上にストレスを抱えやすいものだったりするんです。


例えば、



両親の介護の問題だったり、

子どもの進学の問題だったり、

夫婦関係のトラブルだったり、

恋愛や離婚、病気や金銭トラブル等、


プライベートの問題は、他人に打ち明けづらかったり、

最適な答えが見つかりにくいテーマだったりするので、

実は解決することが、仕事の悩み事以上に難しくなってしまうんです。


そして、そのような重いテーマの悩み事を日々抱えてしまうと、

本人の気持ちが仕事よりもプライベートのほうに向いてしまい、

そこに考える時間や労働力を費やされてしまって、

最終的に仕事に集中する時間を潰すことで、

売上に大きな影響を与えてしまうのです。




いいですか?




どんなに素晴らしいノウハウを入手しても、

どんなに人よりもたくさんの努力してきたとしても、

結局、プライベートにたくさんの悩み事を抱えていれば、

仕事の成果というのは出しにくくなるものなのです。



プライベートが充実していたら、悩み事がなくなりますから、

当然、仕事に集中する時間を作ることが可能になります。


人間には皆に平等に「24時間」という時間が与えられている以上、

その24時間のうち、どれだけ仕事に対して時間の割り振りができるのかが、

仕事の成果を出すための重要な要素になってくるのです。



だから、まずは仕事のパフォーマンスを上げたければ、

プライベートの悩み事を減らす方向で、

環境を整えていくように努めましょう。


例えば、


プライベートの「悩み事」というのは、

専門家に相談してみたりすると、

意外にあっさりと解決策が見つけられることが多々あります。


また、解決することができない悩み事だったとしても、

定期的に誰かに相談することによって、

悩み事のストレスが軽減されることも多々あります。


このように、案外、プライベートのことを、


「仕事のほうが大事」

「こんな悩み事、人に相談するまでもない」

「誰も俺の気持ちなんて分かってくれない」

「どうせ解決できるはずもない」


と、おろそかにしてしまうことで、悩み事を膨らませてしまって、

仕事にも影響を与えてしまっているケースというのは、

案外、少なくないというのが現状だったりします。



さてさて。


みなさんも、プライベートの「悩み」を、

バカにしているところはありませんか?


案外、自分の仕事のパフォーマンスが上がらないのは、

自分自身のプライベートの「悩み」が大きくなっていることが要因であって、

そこを解決しない限り、

次のステップが見えてこないところがあるかもしれませんよ。


人間は「仕事」と「プライベート」のケジメを

簡単につけられるほど、器用にはできていませんからね。


リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/

posted by 再起への道 at 09:39| Comment(0) | 就職・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。