2018年08月25日

母を預かる

1週間母を預かった。


逆に言えば預かれるほど「暇」だったと言える。


客が取れない理由をずっと考えていた。


そして認知が進む母と1日中共にいて


介護をしている中年、もう俺はシニアだろうの苦悩もわかった。


何回も同じことを聞いてくる。


漏らすこともあった。


やはり、金を持ってないとこの国ではどうしようもない。


年を取ると10万円月に稼ぐのだってきつくなる。


かと言って事業はリスクが大きい。


転職サイトも介護しながら色々見た。


そして新しい所に「慣れる苦労」、不要と見做されて「切られる恐怖」


それを考えると同じではないか?


と思う。もしかすると50歳代から死ぬまで自分の面倒を見るという


ことが一番苦しいのではないかと思う。


母を兄弟に今日渡した時に涙が出た。


男は死ぬまでマザコンなんだ。


「もうダメかも知れない」


今まで何回もそう思って来た。


逃げかも知れない。


これが本音だ。


リアルビジネスのリスクや打開策はここのブログ記事を参考にして欲しい。
人生を変えた方がいいと思う人は下記のサイトで再度安全に選択してもいい
と思う。

就職、転職、資格、独立の人生選択のサイト
http://www.work-choice.info/


posted by 再起への道 at 18:34| Comment(0) | 就職・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。